本文へジャンプ

ホーム > 放射線・放射能・発電所の解説 > 原子力発電所 > 放射性廃棄物の管理

放射性廃棄物の管理

 原子力発電所では、気体、液体、固体などの放射性廃棄物が発生します。これらのうち、気体廃棄物と一部の液体廃棄物が環境に放出されますが、放出量や濃度が厳しく規制され、周辺環境に影響を与えないよう、十分な管理がなされています。

C114GH1

C115GH1

C116EF1

 また、蒸発濃縮した液体廃棄物、焼却や圧縮により減容した固体廃棄物はドラム缶に詰められ、発電所で一時保管された後、青森県の「六カ所低レベル放射性廃棄物埋設センター」に輸送されます。

S025Z1

六カ所低レベル放射性廃棄物埋設センター 六カ所低レベル放射性廃棄物埋設センター

ページの先頭へ

ページの先頭へ