本文へジャンプ

ホーム > 観測データの解説 > モニタリングポスト ホーム > 放射線・放射能・発電所の解説 > 観測データについての解説 > モニタリングポスト

モニタリングポスト

観測局(モニタリングポスト)

 観測局(モニタリングポスト)には、空間放射線量率を測定する装置のほか気象観測機器など多くの観測機器を装備しています。

県・長井局 県・長井局

  • 空間放射線量率測定装置
     空間放射線量率を監視するためには、天然放射線の微小なレベルから、事故時に観測される非常に高いレベルまで幅広い測定範囲を確保する必要があるため、測定範囲の違う2種類の空間放射線量率測定装置を観測局に備えています。

低線量検出器(左)と高線量検出器(右) 低線量検出器(左)と高線量検出器(右)

  • 低線量検出器(NaIシンチレーション検出器)
     放射線(ガンマ線)が、NaIの結晶に当たると光を放つ現象を利用して計測を行うNaIシンチレーション検出器を使用しています。
     通常状態では、この検出器で計測した値をホームページで表示しています。
  • 高線量検出器(電離箱式)
     放射線が気体に当たると電離(イオンと電子に分かれる)する現象を利用して計測を行う電離箱を使用しています。

ダストモニター ダストモニター

  • 空気中放射能濃度測定装置
     福井県が設置した観測局のうち原子力発電所に近い11局では、局舎外の空気を吸引して、空気中放射能濃度を測定しています。
     空気中放射能濃度は、連続浮遊塵測定装置(ダストモニター)で測定しています。この装置は、空気中の塵に含まれているアルファ線とベータ線を放出する放射性核種の濃度が測定できますが、ホームページではベータ線を放出する放射性核種の濃度を表示しています。
     通常状態でも、空気中放射能濃度が観測されるのは、空気中に含まれる天然放射性核種であるラドンが変化してできるラドン娘核種の影響です。
     これまでの観測から、通常状態のラドン娘核種による放射能濃度は0.1~数10Bq/m3(ベクレル/立方メートル)の範囲で変動していることが確認されています。
     (Bq(ベクレル)は放射能の強さを表す単位)

雨雪量計 雨雪量計

  • 気象観測装置
     天然の放射性物質による空間放射線量率や空気中放射能濃度は、気象条件の影響を受けて日々変動しています。このため、観測データに変動が見られた場合に、それが原子力発電所に起因するものなのか、天然放射性核種による自然変動なのかを評価することが重要です。観測局には気象観測装置を装備し、観測地点における気象状況を把握できるようにしているところもあります
  • 雨雪量計
     降水量を測定するための装置で、0.5mm以上の降水があった場合に計測します。中央の白い部分が雨を受ける部分で、周囲に風防と鳥よけが設けられています。

感雨計 感雨計

  • 感雨計
     雨雪量計で計測できない0.5mm以下の降水を感知するための装置です。降水により表面にある電極部がぬれると電気が流れ、雨を感知する仕組みとなっています。

風向・風速計 風向・風速計

  • 風向・風速計
     風向と風速を同時に計測します。観測局では、風車型風向風速計が多く使われています。

ページの先頭へ

ページの先頭へ