本文へジャンプ

ホーム > 放射線・放射能・発電所の解説 > 環境モニタリング > 福井県の放射能測定

福井県の放射能測定

 福井県や原子力事業者は、施設周辺の土や雨水、海水や海底土、農作物や魚介類などを定期的に集め、それらに含まれる放射性物質の量を測定し、環境の安全を確認しています。

C122AB2

 福井県原子力環境監視センターの福井分析管理室では、採取した試料を非常にわずかな放射能が測定できるゲルマニウム検出器など、精密な測定器によって測定を行っています。

福井分析管理室 福井分析管理室

ゲルマニウム半導体検出器 ゲルマニウム半導体検出器

 これまでの測定では、原子力発電所から管理されて放出された放射性物質を雨水や海底土などから検出した例がありますが、非常に低いレベルで周辺環境の安全に影響のないことを確認しています。

S702Z1

S703Z1

ページの先頭へ

ページの先頭へ