本文へジャンプ

ホーム > 放射線・放射能・発電所の解説 > 原子力発電所 > FBRの特徴

FBRの特徴

高速増殖炉(FBR)の特徴

 高速増殖炉(FBR)は、現在、国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構の「もんじゅ」によって研究が進められている原子炉で、燃料にプルトニウム・ウランの混合酸化物燃料(MOX燃料)を使い、一方で核分裂しないウラン238をプルトニウムに変え、しかも使った燃料より多くのプルトニウムを生産します。

高速増殖原型炉もんじゅ 高速増殖原型炉もんじゅ

 高速増殖炉では、一次冷却材に中性子を減速させにくく、熱伝達のよい液体ナトリウムを使用します。原子炉で発生した熱は一次冷却材から中間熱交換器で二次冷却材の液体ナトリウムに伝えられます。そのあと蒸気発生器で水を蒸気に変え、タービン発電機を回転させ、電気を作ります。

fbr

ページの先頭へ

ページの先頭へ