本文へジャンプ

ホーム > 放射線・放射能・発電所の解説 > 原子力発電所 > BWRの特徴

BWRの特徴

沸騰水型軽水炉(BWR)の特徴

 沸騰水型軽水炉(BWR)は、原子炉圧力容器の中で直接冷却水を蒸気に変え、この蒸気でタービン発電機を回転させ、電気を作ります。
 再循環ポンプにより燃料周辺の水流を加減することで蒸気の泡(ボイド)の量を制御し、出力を調整できるのが特徴です。

C119B1

原子炉圧力容器

 この中で燃料により暖められた水が蒸気に変わります。容器上部には蒸気と水を分離する汽水分離器があり、タービンに向かう蒸気に水が混じらないようにしています。容器上部に汽水分離器があるため沸騰水型軽水炉では、容器下側から水圧で制御棒を押し込む構造となっています。
 また、燃料周辺の水の流れを制御するため、加圧水型軽水炉にはない再循環ポンプなどの装置を持っています。

格納容器

 沸騰水型軽水炉の格納容器は、加圧水型軽水炉と比べて小型で、原子炉建屋の中にあります。一次冷却材喪失事故の際には、流れ出た蒸気や熱水は格納容器から貫通口を通って圧力抑制プールに導かれ、ここで冷やされ凝縮することで容器内の圧力が上昇するのを防ぐ設計となっています。

ページの先頭へ

ページの先頭へ