本文へジャンプ

ホーム > 当センターについて > 業務紹介

業務紹介

福井県原子力環境監視センターの業務

 環境放射線モニタリングの基本的な目的は、周辺住民等の健康と安全を守るため、原子力発電所等に起因して受ける線量が、法律に定められた一般公衆の年間の線量限度(1ミリシーベルト/年)を十分に下回っていることを確認することにあります。
 原子力発電所から放出される放射性物質は法律により厳しく規制されており、福井県原子力環境監視センターでは、原子力発電所周辺における空間放射線の監視や環境試料中の放射能分析を行い、周辺環境の安全を確認しています。その具体的な内容については次のとおりです。

  • 空間放射線量率および空気中の浮遊塵(ふゆうじん)放射能濃度の連続監視
  • 空間放射線の積算値(積算線量)の測定
  • 大気中のちりや雨など、降下物の放射能分析
  • 水道水、河川水、陸土、植物、農作物など、陸上試料の放射能分析
  • 海水、海底土、海草、海産生物など、海洋試料の放射能分析

 敦賀市にある福井県原子力環境監視センター(本所)では連続監視業務を、福井市にある同福井分析管理室では積算線量や試料中の放射能分析を担当しています。
 また、万一の緊急事態に備え、原子力施設設置者と連携を図り、緊急時モニタリング体制の強化にも努めています。

 また、当センターでは、放射線監視や放射能分析技術の向上に関する調査研究を行なっております。現在行っている研究開発事業は、以下のとおりです。

<研究事業の詳細はこちら>

 arrow 環境に優しい放射 化学分析法の開発(347KB)pdf

ページの先頭へ

ページの先頭へ